アルファギークは部分脱毛の夢を見るか

人気記事ランキング

ホーム > メイク方法 > ブラシを使って一日メイクを持たせる

ブラシを使って一日メイクを持たせる

年齢を重ねた肌にメイクする場合はブラシでファンデーションをのせていくと、きれいにつきます。

 

◎メイクの方法はこんな感じ

疲れたり不調な日もある年齢になっても、外出するときはあります。メイクのりは最悪です。そんなときはファンデーションをブラシを使ってのせます。順序としては、リキッドファンデーションをブラシでのせる。次にお粉をはたく。最後にパウダリーファンデーションを、またブラシでのせる。仕上げにスポンジで全体をなじませます。リキッド用とパウダリー用の2本のブラシを使い分けると次に使うときも使いやすく肌につきやすいです。

 

◎のせるとはどんな感じでしょう

ブラシで顔に文字通りファンデーションをのせるようにポンポンたたきます。毛穴をひとつひとつ埋めるようなイメージです。不調はそのまま顔に出ますが隠すことができます。

 

◎顔色が良くなる

スポンジで肌の上を塗るよりはブラシで毛穴を埋めていくので、顔色が良く見えます。やっぱり時間をかけてメイクをするならより健康的にしたいものです。年々開いてゆく毛穴を埋めるという点からもブラシでファンデーションをつけるのは理にかなっているでしょう。

 

◎化粧直しもブラシでOKです。

朝メイクをしたあとパウダリー用のブラシにパウダリーファンデーションをたっぷり含ませて仕事に出ます。

昼食後などメイク直しをする際、脂を取ってからそのブラシで、ささっとファンデーションをのせると簡単に直せてよれる心配もないので便利です。夕方鏡を見てもきっとメイク崩れは起きてないはず。

一度試してみてください。

 

◎まつ毛のケアも忘れずに

メイクのポイントで重要なのが目です。その目を際立たせてくれるのが実はまつ毛なんです。まつ毛が長いと目元が大きく力強く魅せる効果があります。そのためまつ毛は忘れがちではありますが重要なメイクのポイントなんです。まつ毛が短い問い人はまつ毛を伸ばす効果があるビマトプロスト成分が入ったまつ毛美容液を使うといいでしょう。
http://cute-care.com/bimatp.html